宮城県木材協同組合トップページ宮城県木材協同組合情報コーナー宮城県の森林森林と木材木材の良さ違法伐採問題と合法木材の証明優良みやぎ材会員企業の紹介

宮城県の森林〜県土の58%が森林〜


■県土面積の58%が森林です。



42.0万haの森林は、約6,500万m2の蓄積を有し、毎年、新たに120万m2の成長を続けています。その中から、毎年、約50万m2が伐採されて木材として生産されていますが、外国材や代替材などによって生産量が年々減少の傾向にあります。




■宮城県の森林が有する公益的機能を金額に換算すると



森林は、私達の生活に木材・竹材・山菜・茸・薬草などの林産物を供給することによって、大きな役割を果たしております。
また、森林は、水資源のかん養、山地災害の防止などの働きを有していますが、この働きを森林の公益的機能といい、私達の生活を守り、生活を潤すなど大切な役割をもっております。宮城県の森林がもっている公益的機能を金額で評価すると年間1兆535億円になり、県民一人当り約45万円の恩恵を森林から受けていることになります。

森林の公益的機能

評価額
(億円)

森林の公益的機能

評価額
(億円)

水源かん養機能

降水貯留機能

774

生活環境保全機能

二酸化炭素吸収機能

258

洪水防止機能

(660)

酸素供給機能

811

水質浄化機能

1,470

保健文化機能

保健休養機能

693

山地災害防止機能

土砂流出防止機能

4,491

野生鳥獣保護機能

631

土砂崩壊防止機能

1,407

評価額合計

10,535

注:洪水防止機能は年間評価額に含まない。
◯◯平成13年1月作成 宮城県資料から




UP




HOME情報コーナー宮城県の森林森林と木材木材の良さ違法伐採問題と合法木材の証明優良みやぎ材会員企業の紹介
宮城県木材協同組合